カマグラって女性でも飲める?感度が上がるという噂の真相とは

カマグラって女性でも飲める?感度が上がるという噂の真相とは

カマグラは男性の勃起不全を改善するためのED治療薬です。
しかし中には感度を上げるためにED治療薬を服用する女性も少なくありません。

男性用に開発されたカマグラを女性が飲んだ場合、効果や副作用はどうなるのでしょうか。

この記事では

・カマグラは女性が飲んでも問題ないのか
・カマグラによる媚薬効果の真相

という情報をお届けします。

ED治療薬を正しく服用するためにも必ずご覧ください。

カマグラは女性にも効果がある?

カマグラは女性にも効果がある?

カマグラはバイアグラと同じシルデナフィルという有効成分を含んでいます。
血管を拡げることで血行を促進させ、陰茎の血流量を増やす作用を持つED治療薬です。

本来であればEDに悩む男性のための薬ですが、女性が服用することで感度が上がるという噂も。

ED治療薬を服用している女性のほとんどが効果を実感しているようですが、実際のところどのような効果があるのかを調査してみました。

アメリカでは承認・販売されているけど…

医療先進国であるアメリカでは2015年に女性の性欲を増進させる薬(商品名:アディ)が承認・販売されています。
女性の性欲減退の治療薬として誕生し、大きな注目を集めました。

しかしカマグラとは異なる有効成分であり、作用も全くの別物です。

そのためバイアグラやカマグラを服用しても、性欲向上には繋がらないと考えられます。

カマグラで感度が上がるというのは嘘?

カマグラには媚薬作用はなく、血管を拡げて血流を増やすことで勃起をサポートする薬です。
女性が服用しても感度が上がるという根拠はありません。

しかし膣周辺の血流が促進されることで、膣内が敏感になり濡れやすくなるという可能性はあります。
また、媚薬として効くという思い込みによって、プラシーボ効果が得られる可能性もゼロではないでしょう。

女性がカマグラを飲むリスクにも注目!

女性がカマグラを飲むリスクにも注目!

カマグラはED治療薬によくある副作用に注意が必要です。

主な副作用
頭痛、動悸、顔の火照り、血圧異常、吐き気、ふらつき など

EDである男性が服用すると上記のような副作用が出ることがあります。
女性が服用した場合も同じような症状が出ることも考えられるでしょう。

妊娠中の女性は服用厳禁!新生児の死亡例あり

国際的に行われた臨床試験で、妊婦にシルデナフィルを投与した結果、183例中11例で新生児の死亡が確認されました。

この結果を受け、オランダでは同試験の中止が発表されています。

他の国では引き続き試験が行われ、シルデナフィルによる死亡例は報告されていませんが、危険性が全く無いわけではないと考えられます。

アルコールと一緒に飲んではいけません

パートナーとお酒を飲むシチュエーションは珍しくないでしょう。
その流れで二人一緒にカマグラを…という流れになったとしても、アルコールとの併用は避けるべきです。

アルコールはカマグラの血管拡張作用を増幅させたり、その逆で効果を半減させたりすることがあります。
安全面を考えるとお酒とカマグラは一緒に飲まないことが大切です。

女性に対する効果・副作用はまだ未知数なので、カマグラの服用自体を避けた方がいいでしょう。

服用するならカマグラではなく女性用バイアグラを

服用するならカマグラではなく女性用バイアグラを

通販(個人輸入)では女性用バイアグラを購入できます。

バイアグラやカマグラと同じ有効成分でありながら、女性用として開発されているため、服用するのであればそちらを選ぶようにしましょう。

主な商品名
ラブグラ、ラブスマ、マレグラPRO、シルジョイピンク など

もちろんこれらは媚薬などではなく、膣を濡れやすくするなどの効果を持つ薬として服用するものです。

カマグラを服用しているという女性は専用の薬に目を向けてみましょう。