カマグラの飲み方で効果に差が出る!正しい服用方法を知ろう

カマグラの飲み方で効果に差が出る!正しい服用方法を知ろう

医薬品には用法・用量という服用時のルールがあります。
もちろんカマグラにも用法・用量が定められているため、それを確実に守ることが大切です。

この記事では

・カマグラの正しい飲み方
・カマグラを服用するタイミング
・食事やアルコールの影響について

といった情報を解説していきます。

カマグラの優れた勃起力を確実に発揮させるためにも、正しい服用方法をしっかり押さえておきましょう。

カマグラは正しい方法で飲むことが重要

カマグラの飲み方についてカマグラはPDE5阻害薬に分類されるED治療薬です。
血管を拡げる作用により勃起不全を改善させる効果があります。

EDの症状を抱えている男性にとっては救世主とも呼べる存在でしょう。
しかし服用方法を誤ると効果が半減してしまうだけではなく、思いがけない副作用が現れる恐れがあるのです。

カマグラの用量は50mg・100mg共に1日最大1錠まで
次の服用までは24時間空けなければいけません

もし効果が弱いと感じても、24時間以内に追加で服用することはやめましょう。
有効成分の作用が増幅して副作用が強く出てしまう可能性があります。

服用のベストタイミングはセックスの1時間前

カマグラの即効性はそれほど高くありません。
効果が出るまでには30分~1時間程度かかるため、服用するタイミングとしてはセックスの1時間前がベストです。

セックスの直前に飲んでしまうと十分な効果が得られないため、余裕を持って服用しておくと安心です。

初めて飲むなら少量から試そう

病院で処方されるバイアグラは25mgと50mgしかありません。日本ではシルデナフィルの最大用量(1日に服用できる量)が100mgまでと定められています。

海外と比べて小さめである日本人の体は、シルデナフィル50mgでも十分な効果が得られます。
カマグラには100mg錠がありますが、初めて服用するのであれば50mg錠から試してみるといいでしょう。

おすすめは錠剤を半分に割って飲む方法です。
カマグラ100mg錠を半分に割れば片方で50mg錠と同等の効果が得られますし、コスパも良くなります。

カマグラの効果は食事に左右される!

カマグラの効果は食事に左右される!

カマグラの服用する際は食事の影響を考慮しましょう。

カマグラの有効成分は胃や腸で吸収されて血中に取り込まれます。
しかし消化中の食べ物などがあると有効成分の吸収が邪魔され、効果を発揮できないのです。

そのため空腹時の服用が最も効果的だとされていますが、日常生活の中で食事は欠かせないもの。女性とのデート中などは飲食店に入ることも珍しくありませんよね。

ならば食事の影響を受けない方法を知っておくことが大切です。

食前なら30分以上前、食後なら3時間後の服用がおすすめ

カマグラの有効成分は服用から30分程度で吸収され始めます。
そのため服用から30分以上経っていれば食事の影響を受けず、効果が半減する心配はありません

食後に服用するなら3時間以上空けるようにしましょう。
食べ物の消化には2時間半以上かかります。胃の内容物がなくなるまで待ち、そのタイミングでカマグラを飲めば、食後であっても安心です。

アルコールとカマグラは相性が良くない

アルコールとカマグラは相性が良くない

「ほろ酔いでカマグラを飲めば早く効きそう!」というイメージを抱く人は少なくありません。
確かにアルコールを摂取すると血流が良くなり、薬の効きも早くなるように思われます。

しかしアルコールとカマグラを一緒に飲むことには大きなデメリットがあるのです。

アルコールの血中濃度が高くなると、有効成分の効きは悪くなります。
もしくは血管拡張作用が増幅してしまい副作用が大きくなることも…。

女性との甘い一時にはアルコールが必要な場合もあるでしょうが、カマグラを飲むなら飲酒は避けるべきです

飲酒後は時間を空けてカマグラを飲みましょう

もしどうしてもアルコールが避けられないのであれば、体内でアルコールが分解されるまでの時間を計算しましょう。

体重70kg前後の成人男性の場合、アルコールの分解にかかる時間は

ワイングラス1杯▶1時間半
ビール500ml缶▶3時間
ビール大瓶699ml▶4時間

という目安がつきます。

理想は当日の飲酒を避けることですが、飲んでしまった場合は時間を空けてカマグラを服用するようにしましょう。

グレープフルーツにも要注意

フルーツや野菜に含まれるフラクノマリン酸という成分は、カマグラの作用を増幅させることがあります
そのためアルコールと同じくカマグラと一緒に摂取しないよう注意しましょう。

特にグレープフルーツにはフラクノマリン酸が多く含まれているため、ゼリーやジュース等も避けた方が良いでしょう。