朗報!カマグラの副作用は飲み方次第で抑えられるんです

朗報!カマグラの副作用は飲み方次第で抑えられるんです

カマグラは医薬品である以上、どうしても副作用のリスクが伴います。
服用するなら効果だけでなく副作用についての理解も必要です。

しかし飲み方を工夫すれば副作用を軽くする、または抑えることができます。

この記事では

・カマグラの副作用とは
・副作用を抑える方法

といった情報をまとめています。

安全なED治療を行うためにも、副作用に関して正しい知識をつけましょう。

カマグラによくある副作用とは

カマグラの副作用

血管拡張作用を持つカマグラは、EDを改善する効果が高い反面、副作用が出る確率も高いとされています。

カマグラによくある副作用
頭痛、顔の火照り、鼻詰まり、血圧低下、めまい、動悸、頻脈 など

これらの副作用はED治療薬ならではのもの。血管を拡げる作用がもたらす症状ばかりです。

多くの副作用は効果と同時に現れ、そして消失していきます。
時間が経てば治まるため心配はありません。

重篤な副作用が出る可能性もある

発現率は高くないものの、カマグラの服用によって深刻な症状が現れるケースも報告されています。

カマグラの重篤な副作用
アナフィラキシーショック、失神(意識障害)、呼吸困難、痙攣 など

稀に視覚異常(視界が青みがかる・赤みがかる、キラキラした光がちらつく等)が現れることもあるようです。

有効成分に対するアレルギー、または急激な血圧の変化による重い副作用が出る恐れもあるため、異常が現れたらすぐに病院を受診しましょう。

知らなきゃ損!カマグラによる頭痛や鼻詰まりは回避可能!

カマグラの副作用は回避できる

ED治療薬の副作用として最も多いのは頭痛や鼻詰まりです。

カマグラの作用によって血管が拡がると、脳の神経が血管に圧迫されて痛みが生じます。
また、鼻の血管が拡がると鼻腔を塞いでしまうため、鼻詰まりが起こります。

よくある副作用とは言え、不快感が続くので可能であれば避けたいものです。

しかしご安心ください。頭痛や鼻詰まりは頭痛薬・鼻炎薬によって解消できます!
カマグラの効果を邪魔しないため併用が可能。服用する人にとってはメリットしかありません。

頭痛や鼻詰まりがあるとセックスに集中できない…。
そんな時は頭痛薬や鼻炎薬を一緒に飲んでみる方法が最適です。

服用するカマグラの量を減らしてみるのもアリ

副作用を抑えるもう1つの方法として、服用するカマグラの量を減らすというものがあります。

効果もやや控えめになってしまいますが、副作用も比例して弱くなるため、50mg錠を半分にするなど工夫してみましょう。

あえて軽食を摂り有効成分の血中濃度を低くする方法もありますが、効果がなくなる可能性も高いため、少量のカマグラの服用がおすすめです。

副作用が強いと感じたらカマグラの服用をやめよう

カマグラが合わない場合

飲み方によってカマグラの副作用が抑えられるとは言っても、100%回避できるわけではありません。
体質や持病の有無によって想定外の副作用が出てしまうことも考えられます。

カマグラは通販で手軽に購入できるED治療薬として人気があり、価格もリーズナブルです。
しかし購入・服用は自己責任となるため、強い副作用が出た場合の補償などは期待できません。

副作用が強い、または副作用が長時間続くという場合には、すぐにカマグラの服用をやめましょう。体質的にカマグラが合わないこともあります。

他のED治療薬には効果は控えめで副作用が少ないものがあるため、そういった薬へのシフトも検討してみましょう。